キャッシングの申込みに必要な書類について



キャッシングの申し込みに必要なものは、基本的には本人確認書類があれば大丈夫となります。多くの方は運転免許証が あれば良く、健康保険証やパスポート、住民基本台帳カードでも大丈夫です。住基カードは顔写真付きの物を指定される 事が多くありますので確認しておくと良いでしょう。

この申し込みの手軽さが人気となり、気軽に利用できるローンとして キャッシングを利用する方は増えました。
こんな即日融資できる? | キャッシング即日融資

キャッシングはローンに当たりますが、担保や保証人なども必要ありません。少し詳しく説明すると銀行にキャッシングを 申し込む場合は保証会社という用語が出てきます。保証会社は銀行が提携している会社で、多くの場合は消費者金融となって います。

借り入れをした方が返済を行っていきますが、万が一返済が滞った時には保証会社から銀行に借り入れをした方の 滞納金が支払われる形になっています。担保や保証人がなくても銀行は返済が滞るリスクを避けられているのです。

また、百万円単位などの高額の融資を希望する場合は本人確認書類の他に収入証明書類という物が必要になります。高額な 借り入れを行うにはそれだけの大きな金額を返済していけるだけの支払い能力がある事が前提になります。

それを審査で 判断するために収入証明書類が必要となるのです。収入証明書類には種類があります。なるべくスムーズに用意できる物を 用意すると良いでしょう。金融機関から指定がある場合はそれに合わせて用意しましょう。

種類の例としては源泉徴収票、確定申告書、給与明細書、所得証明書、などがあります。源泉徴収票と給与明細については 勤務している職場で発行してもらえます。確定申告書は税務署、所得証明書は市役所などで発行してもらえます。

確定申告 書、所得証明書の発行には300円の発行手数料がかかり、これは申し込みをする方の負担となります。検討する方はこれらの 書類を用意して申し込みをしましょう。審査を通過しやすくするためにも大切な書類です。
但馬銀行

闇金を利用しなくてもお金を貸してもらえるケース

現在闇金を利用しようと検討している方の中には、闇金でなくても消費者金融でお金を借りられる可能性があります。 今まで借金した経験がなかったり、ブラックリストに載っていない場合は大手の消費者金融に申し込むといいでしょう。

大手の消費者金融なら、アルバイトやパート従業員だけでなく、年金を受給している場合でも借り入れられることがあります。 もし、5年以内に金融事故を起こしていないのならまずは消費者金融に相談してみて下さいね。

また、消費者金融は闇金と違って銀行が付いている場合がほとんどなので、円滑に融資を受けられますし、法外な金利を加算される心配がありません。

もし返済が遅れてしまったとしても、闇金のように激しく取り立てられることがないので、闇金よりもはるかに安全でメリットが大きいです。

『専業主婦だから闇金でしか借りられない』と思っている方もいるようですが、収入が全くない専業主婦でも利用できるカードローンが存在します。

銀行のカードローンは銀行法が適用されるので、総量の規制がありません。 消費者金融の場合は総量規制がある為、年収の1/3以上借り入れることができませんが、銀行のカードローンは総量規制の適用外なので、収入がない専業主婦でも望みがあります。

ブラックリストに載った経験がある方も、諦めるのはまだ早いです。

ブラックリストに載ったのが5年以上前のことであれば、信用情報から履歴が消えているかもしれません。 なぜなら信用情報が保存されるのは5年間だけなので、5年以上前の記録は消えることになっています。

もし、ブラックに載ったのが5年以上前の話ならば大手の消費者金融から融資を受けることができます。 現在の信用情報が気になる方は、信用情報を開示して確認するといいでしょう。

5年以内にブラックに載っている場合は、自己破産以外で債務整理をして現在借金がない状態、または遅延なく返済できているのであれば、中小の消費者金融から融資を受けられる可能性があります。

消費者金融で即日融資を受ける方法とは?

できるだけ早く融資を受けたい方は、即日融資が可能なカードローンを探すと同時に、申し込みの際に必要なものを準備することが大切です。

カードローンは消費者金融や銀行など様々な金融機関で取り扱われていますが、いずれも必要書類はほとんど同じです。

■本人確認書類
免許証、住基カード、健康保険証などがありますが、住民票だと受け付けてもらえません。

■収入証明書類
50万円以上の融資を希望する場合、収入証明の提出が求められます。 収入証明には源泉徴収票や給与明細、納税証明書が必要です。

■在籍確認書類v 勤め先の在籍確認として、社員証や給与明細、健康保険証の提出が求められることがあります。 ただし、所得を証明するものが必要になる場合は審査に時間が必要になるので、即日融資は無理だと思っていいでしょう。

つまり、融資金額が多いと即日融資の可能性が低くなるので、少額で申し込んだほうが無難です。 また、消費者金融で即日融資を受ける場合、押さえておきたいポイントが5つあります。

■審査時間
多くの消費者金融は24時間インターネットから申し込みを受け付けていますが、審査が実施されるのは『9時から21時』です。 なので、即日融資を希望するなら早めに申し込む必要があります。

■借入金額
先程も触れましたが、借入金額が50万円以上または合計100万円を超える場合、所得証明書が必要になります。 そうなると審査に時間が必要になってしまうので、新規で申し込む場合は少ない金額で申し込みましょう。

■提携ネット銀行
ネット銀行と提携している場合、振込が24時間いつでも反映されるので、即日に融資を受けられる可能性が高まります。

■無人契約機
無人契約機があれば審査が終わり次第、無人契約機でローンカードを発行できます。 ローンカードさえあればコンビニなどの提携ATMでお金を引き出せるので、無人契約機がある大手の消費者金融を利用する手もあります。

■在籍確認
即日融資を受けたい人にとって一番の難関は在籍確認です。 消費者金融から勤務先に在籍しているのか電話確認がありますが、会社が閉まっている時間の場合は在籍確認ができません。 中には電話ではなく書類で在籍確認を行っているところもあるので、併せてチェックしましょう。

ページの先頭へ